イマドキ人気の合宿免許

免許の取得なら合宿免許で

合宿免許で楽しみながら短期習得を目指そう!

合宿免許で楽しみながら短期習得を目指そう! 自動車の運転免許を取得する際、地元の教習所に通う人が多いですが、合宿免許を利用して取得することもおすすめです。
合宿免許は山間部などにある合宿施設で寝泊まりしながら運転免許の取得を目指すものです。
街の教習所に通うと週に2,3日乗車するのが精一杯ですので、免許取得までに1か月以上の期間がかかることが多いですが、合宿免許では集中的に教習を受けることが可能ですので、2週間といった期間で免許を短期習得することが可能です。
なによりも合宿免許は旅行感覚で参加でき、参加することで友人が増えたり、友達が増えたりと良いことづくめだと定評がありますので、参加を検討する余地があるといえます。
経皮的には通常の教習所とそれほど変わりませんので、むしろお得だといえるかもしれません。
参加した経験者どうしでネット掲示板を開設しているケースも多く、そのページをあらかじめ閲覧しておくと参加した際の雰囲気を理解しやすいといえます。

合宿免許でかかる日数は?

合宿免許でかかる日数は? 合宿免許の最大のメリットは、短期間で教習所を卒業して自動車の運転免許が取得できることです。
利用者が多い普通自動車(AT車)の教習期間を比較してみると、合宿免許であれば最短日数で13日~16日ですが、通学教習であれば1ヶ月弱~2ヶ月の期間が必要です。通学教習の利用者の中には、半年近く教習所に通う人もいます。
合宿免許を卒業するのに必要な日数は、道路交通法で決められているルールによって決まっています。
学科教習は制限がありませんが、技能教習は1日あたり最大2時限(1段階)または3時限(2段階)と決められています。
このルールに従うと、最も短いパターンで13日となります。教習所によってはスケジュールに余裕を持たせる目的で、最後の路上教習を終えた翌日に卒業検定を実施したり仮免検定の翌日に路上教習を実施するために、1~3日程度長くしています。
観光地の教習所であれば、レジャーを楽しむために半日ほど教習を実施しないようなスケジュールが組まれたようなプランも存在します。
合宿免許を選ぶ場合には、最短日数を比較することができます。例えば普通自動車免許(AT)コースで14日または15日のプランを選択することで、精神的にゆとりを持って教習を進めることができます。