イマドキ人気の合宿免許

合宿免許で事故を起こしたら

合宿免許で事故を起こしたら

合宿免許で事故を起こしたら 合宿免許で事故を起こしてしまったらまず、その場にいる教官にどうするのか確認するようにしましょう。
教官がいない場合であれば、教習所に連絡をすれば担当の人が出てきてくれます。
教習期間の事故については、教習所も責任の一端があるので、まずここに連絡をするようにします。
そして、後は教官の指示に従って行動すればいいだけです。
教習所はある意味では事故に関してもどういう時にどうすればいいのかは予め考えていますし経験もあります。
合宿免許だから何もなく過ごせるという事が確定しているわけではありませんから、いろいろな事が起きる可能性はあるということで、教習所もそれなりの対応を予め考えてもいます。
くれぐれも自分の勝手な判断で動かないようにしましょう。
連絡が取れないような場合でも、まず何らの方法で教習所に連絡を入れるようにします。
そうすれば、自分が次に何をすべきかということは全て教えてくれるので、その通りに行動すればいいだけです。

合宿免許期間に風邪をひいたら

合宿免許期間に風邪をひいたら 合宿免許は自宅から遠く離れた場所で2週間から3週間にわたって生活を行います。
元々持病がある人も心配になるかもしれませんが、普段は健康な人でも慣れない生活や環境が原因で風邪を引いたり体調を崩してしまうことが無いとは言えません。
合宿免許中に風邪を引いてしまった時は、まず自動車学校のスタッフに話をしましょう。
そして、教習を休んで自動車学校近くの医療機関を受診して治療します。
教習を休んだ分の欠課については、体調が回復してから改めて受講することになります。

医療機関を受診した結果、治療に時間がかかることになれば、一時帰宅か退校になります。
一時帰宅をすることによってスケジュールに遅れた分の宿泊費の延泊や教習費は自己負担となりますので注意が必要です。
退校になる場合は、既に払い込みをした教習費から受講した分の教習費用、宿泊費、キャンセル料、検定料などが差し引かれて戻ってきますが、実際は手元に戻るお金は少ないのが現状です。